Skip to main content

 

トライアンフとMoto2™

2019年シーズンより、FIM Moto2™ 世界選手権の独占エンジンサプライヤーとなったトライアンフは、クラスをリードするStreet Triple RSのエンジンにレース専用チューンを施した765cc 3気筒エンジンを出場全チームに供給しています。吸気効率の向上と高回転化が図られたこのエンジンの最高出力は140PS。量産モデルを17%超も上回ります。

トライアンフ時代の幕開けとなった2019年は記録ラッシュに沸きました。全19戦でコースレコード更新16回、最高速更新18回。Moto2™ 初となる300km/hオーバーも記録されました。トライアンフの765cc 3気筒エンジンがこのクラスに新時代をもたらしたのです。

 

2020年シーズンのレースで優勝を飾ったライダーは7名、ラップレコードは8回更新されました。11のコースレコードが大幅に塗り替えられ、トライアンフの765cc 3気筒エンジンが2019年に確立したベンチマークがさらに引き上げられる結果となりました。2020年シーズンのタイトル争いは最終戦までもつれ込みましたが、エネア・バスティアニーニがチャンピオンに輝き、ルカ・マリーニが2位、同ポイントでサム・ロウズが3位となりました。中止となったレースもあったため、開催されたのは全15レースで総走行距離は20万キロ。開幕戦のカタールGPを除く14戦をわずか4ヶ月ほどの期間で戦うという過酷な日程でした。

 

2020年シーズンはチャンピオンとなるためのポイント獲得に加え、トライアンフとドルナスポーツによる「トライアンフ・トリプル・トロフィー」という新たなポイントシステムがスタートし、接戦の中で素晴らしい記録を収めたライダーにポイントが与えられました。

 

各GPのレースウィークに最高速、ポールポジション、最速ラップを記録したライダーがそれぞれポイントを獲得し、総合ポイントを競いました。2位に大差をつけて見事1位となったのは、最高速を何度も叩き出したマルコ・ベツェッキでした(すべてのレースマシンが同じエンジンを搭載しているため、複数のライダーが同一の最高速を記録することが幾度かありました)。ベツェッキには765cc 3気筒レースエンジンのベースとなったStreet Triple RSが贈られました。「トライアンフ・トリプル・トロフィー」は2021年シーズンも開催されます。

 

Moto2™ - #PoweredByTriumph

エンジン

これがトライアンフ設計による新しい3気筒765ccエンジンです。レース専用チューンが施され、最高出力は140PS超。Moto2™ 世界選手権の各マシンに搭載されています。

相次ぐ記録更新

2010年以来の大きな転換期を迎えたMoto2™ クラス。トライアンフの765cc 3気筒エンジンによって様々な記録が生まれました。

  • 無故障で合計10万ラップ以上
  • サーキットの総走行距離50万キロ以上
  • まれに見る大混戦
  • 記録更新50回以上
  • Moto2™ マシン初の時速300キロオーバーを記録したトライアンフの765cc 3気筒エンジンが、2021年シーズンもMoto2™に新たな歴史を刻みます!
     

2021年シーズンもラップレコード、コースレコード、最高速を次々更新中。Moto2™からますます目が離せません!

moto2
moto2

street triple rs

Moto2™エンジンのベースとなった765cc 3気筒エンジンを搭載するStreet Triple。パワー、トルクともに向上した3気筒エンジン、アグレッシブさを強調したスタイリングと独特の存在感、ワンランク上のテクノロジーなど、カテゴリーのベンチマークとなる最高スペックを誇ります。これが「究極の高性能STREET」。

Triumph's moto2 bike being ridden around the track

栄光のレース史

世界各地のレースで活躍してきたトライアンフの歴史に、またひとつ新たなマイルストーンを刻むMoto2™ エンジン。

トライアンフのマシンを駆って優勝を果たしてきたライダー達、記録保持者達、スターティンググリッドを飾ったレーサー達が1世紀以上も語り継がれているように、このエンジンも人々の記憶に残ることでしょう。

トライアンフが辿ってきた栄光のレース史をご覧ください。

最新情報をお見逃しなく

トライアンフのSNSをフォローしていただくと、Moto2™ 関連のニュースなど、最新情報を定期的にお届けします。