04/11/2020

    トライアンフモーターサイクルズジャパン 5ヵ月連続で月間登録台数記録を更新し 10月迄に過去最高記録の前年 年間実績を上回る

    トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:野田 一夫)は、202010月の月間登録台数が 10月度として過去最高記録であり 昨年比 190%となる196台を達成したことをご報告致します。(JAIA集計実績)

     

    尚、2020に於けるトライアンフの月間最高記録の更新は この10月度で6月以降 5ヵ月連続となるもので、本年は新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言や それに伴う外出自粛の影響により 特に5月度に営業実績への影響が発生しましたが、トライアンフ正規販売店と一丸となって感染拡大の防止や業績回復に努めた結果、自粛解除後は 受注数が大幅増に転じ、これまでの落ち込みを大きく上回るV字回復を達成することが出来ました。

     

    又、このV字回復により1月からの累計登録台数も対前年を大幅に上回るペースで推移しており、10月途中時点で既に 年間登録台数として最高記録であった前年実績 1,956台を上回っており、2020年 年間実績としては昨年比 約120%となる2,400台程度を見込んでいます。

     

    これもひとえに「TRIUMPH TOGETHER」を合言葉に お客様の為 工夫を重ね、戦略方針に沿って取り組んで来た 正規販売店の努力の成果であり、同時に 多くのお客様に支えて頂いた賜物であると考えております。

     

    トライアンフでは、近年 3つの戦略方針「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の向上」に取り組んでおり、販売店網に関してはコロナ禍においても「トライアンフ沖縄」等の新店舗をオープンしておりV字回復の原動力となっておりますが、加えて 新製品攻勢も引き続き強力に推進しており、1030日には トライアンフのエントリー顧客層を大幅に拡大することを目的とした戦略モデル「トライデント」を発表致しました。

     

    これから暫くの期間は新型コロナウイルスとの共存を踏まえた「新しい生活様式」が求められますが、弊社としましては この様な時代であるからこそ「オープンエアでの愉しみ」を備えたバイクライフをより多くの御客様にお届け出来る様 引き続き努力して行く所存です。

     

    皆様の御支援宜しくお願い致します。

    関連するアイテム

    01/12/2021

    120周年記念の幕開け

    トライアンフから、ヒンクレーでの生産100万台目となるトライアンフ発表のお知らせ

    もっと詳しく
    01/12/2021

    「バイクライフ応援キャンペーン」に、新たな「Speed Triple 1200 RS バリューアップキャンペーン」が登場

    全国トライアンフ正規販売店では2021年12月30日(木)までの期間中、対象モデルの新車をご成約、ご登録いただいた方を対象にした様々な『ご購入サポート』を実施しています。

    もっと詳しく
    24/11/2021

    日本最大級のショールーム「トライアンフ千葉中央」 グランド・オープンのお知らせ

    トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(代表取締役:大貫陽介、東京都港区)と トライアンフ正規販売店契約を締結している有限会社 エムディーモーターサイクルス(代表取締役:土居 正和、千葉県茂原市)はこのほど千葉県千葉市にトライアンフ正規販売店「トライアンフ千葉中央」を新たに開設し、12月4日(土)にグランド・オープン致します。

    もっと詳しく
    FTR_Riso_black