Skip to main content

Moto2™

テスト

Triumph Moto2 prototype bike in the Triumph workshop
Triumph's moto2 bike being ridden around the track

新設計 Moto2™ エンジンの性能試験

トライアンフはMoto2™ プロトタイプエンジンの開発を2017年に開始しました。

クラストップの性能を誇るStreet Triple RSのエンジンから開発したプロトタイプエンジンは、トライアンフヒンクレー本社で徹底的な試験が行われた後、2017年8月にスペインのアラゴン州にあるカラファット・サーキットで1回目のレーストラックテストが実施されました。

開発と試験に一丸となって取り組み、ようやく完成したMoto2™ 3気筒エンジン。新時代を迎える世界選手権の序章となったエキサイティングなエンジン開発の舞台裏をご覧ください。

Julian Simon wearing motorbike helmet preparing to ride the Triumph Moto2 prototype motorbike on the track for ECU testing

 

 

バレンシアでの会見

2018年11月19日 MotoGP™ 2018シーズン最終戦のバレンシアGPが開催された週末、トライアンフはエクスターンプロ、マニエッティ・マレリ、ドルナの3社と共にプレスカンファレンスに出席し、2019 Moto2™ エンジンの最高出力向上を達成したことを発表しました。

 

 

 

エンジンの開発および試験は様々な段階を経て約2年に渡って行われ、パフォーマンス、耐久性、ドライバビリティの最大限の向上が図られました。その結果、Moto2™ レース用のチューニングを施したエンジンは140PS超の最高出力を発生することが明らかにされました。

Stuart Wood speaking at the Valencia press release for Moto2

エンジン開発とその試験は、マニエッティ・マレリ(ECU開発)、エクスターンプロ(シャシー開発)、ドルナ、IRTA、開発チームのライダー、そしてもちろん、Moto2™ に参戦する各チームとそのライダーの皆様の協力なくしては実現できませんでした。 ヨーロッパ各地のサーキットで行われた実戦さながらのテストはトータル2500ラップに及びました。

Moto2 engine testing at Valencia race track

 


エンジンコントロールユニットのテスト

2018年5月 2019トライアンフ Moto2™ エンジンが迎えた次なる段階は、Moto2™ のECUプロバイダーであるマニエッティ・マレリ社製のエンジンコントロールユニットのテストでした。

初のサーキットテスト

2017年8月:スペイン、アラゴンのカラファット・サーキットにて、Moto2™ プロトタイプ第1号の本格的なサーキットテストが初めて実施されました。

 

 

 
Moto2 testing images featuring James Toseland, Silverstone race track and Valencia race track
Moto2 2020 Triumph Street Triple

STREET TRIPLEをカスタマイズ

ラインアップ最上位モデルのStreet Triple RSなら、これまで体験したこのないようなMoto2™ 気分を街乗りで味わうことができます。

最新情報をお見逃しなく

トライアンフのSNSをフォローしていただくと、Moto2™ 関連のニュースなど、最新情報を定期的にお届けします。