Skip to main content

Moto2™

トライアンフ Moto2™ 3気筒765ccエンジン

Close up of Triumph Moto2 motorcycle engine
Triumph's official Moto2 engine prototype

独占エンジンサプライヤー

レースシーズン真っ只中! 新しいMoto2™ エンジンは、クラストップの性能を誇るStreet Triple RSのエンジンをベースとし、レース用に開発された3気筒765ccエンジンです。様々な改良によって量産モデルよりも吸気効率を高めつつ高回転化し、最高出力140PS超を発生します。

エンジンパーツ

  

クラストップの性能を誇るStreet Triple RSの765ccエンジンをベースに、レース用エンジンとするための様々な改良を施し、パフォーマンスの向上を実現したMoto2™エンジン。主な改良点は次のとおりです。

 

 

  • 改良型シリンダーヘッドはガスフローを最適化するために吸気ポートと排気ポートを最適化
  • 圧縮比アップ
  • チタンバルブと強化スプリングの採用により高回転化
  • レース用低出力オルタネーターでイナーシャを軽減
  • 1速と2速のギア比の見直し
     

 

 
  • レース用スリッパークラッチ(チューン可能)
  • マニエッティ・マレリ社との共同開発によるレース専用ECU
  • 改良型エンジンカバーでエンジン幅低減
  • 新型サンプでヘッダーランを改善
  • エンジン内部主要部品への高性能コーティング
     

レースエンジンの新設計パーツ:

  • 拡大したボアとストローク
  • 新クランク
  • 新ピストン
  • 新コンロッドと新バランサーシャフト
  • Nikasilメッキアルミニウムバレル
  • 改良型ギアボックス
 

エンジンサウンド

トライアンフ3気筒765ccのエンジンサウンドの素晴らしさは誰もが認めるところ。2年間の開発プログラムを経てレース用に改良された2019 Moto2™ エンジンは、140PSの最高出力でMoto2™ のパフォーマンスレベルを引き上げるのはもちろん、ゾクゾクするようなそのサウンドもまた魅力です!

Sound from: The MotoGP™19 videogame Moto2 Triumph Logo
Turn up the volume and press the button Turn up the volume and press the button
Start Stop
Start Stop
Turn up the volume and press the button Turn up the volume and press the button

ローリングロードテスト

2018年、レスターシャーにあるトライアンフヒンクレー工場にて、Moto2™ エンジンの初期プロトタイプをローリングロードテストした際の独占映像です。

Triumph ambassador James Toseland riding the Moto2 prototype bike at EICMA motorcycle show in Milan, Italy

プロトタイプエンジンの公開

2017年~2018年にヨーロッパで開催された主要なモーターサイクルショーを訪れたことがある人なら、2017年式プロトタイプエンジンが奏でるゾクゾクするようなサウンドを耳にしたことがあるでしょう。

Triumph Street Triple parked on Valencia Race Circuit with the Official Triumph Moto2 Prototype motorbike

STREET TRIPLEをカスタマイズ

ラインアップ最上位モデルのStreet Triple RSなら、これまで体験したこのないようなMoto2™ 気分を街乗りで味わうことができます。

最新情報をお見逃しなく

トライアンフのSNSをフォローしていただくと、Moto2™ 関連のニュースなど、最新情報を定期的にお届けします。