Skip to main content

を燃やし続けた120年

パフォーマンス

Triumph speed triple RR



理想のマシンへの飽くなき追求

パワーがあるだけではパフォーマンスが優れているとは言えません。理想のマシンに求められるパフォーマンスには、シャシーやハンドリング、テクノロジー、どこまでも走りたくなる確かな乗り味、乗るたびに味わうスリル、目を楽しませてくれるルックスなど、ありとあらゆる要素が必要です。 

トライアンフは常にさらなる高みを目指すという共通の理念を掲げ、理想のマシンを提供するために前を向いて挑戦を続け、新たな手法を模索しています。人里離れた地を旅するときも、仲間とツーリングを楽しむときも、コーナーを果敢に攻めるときも、表彰台の真ん中を狙うときも、トライアンフが理想のライディングを叶えます。 



 

 

勝利を目指して

常に高みを目指すという姿勢は、トライアンフにも世界的レーサーにも共通するものです。マイク・ヘイルウッドは第1回スラクストン500レースの勝者、ジーン・ロメロとゲーリー・ニクソンはAMAのスーパースター。デイトナ200レースではバディ・エルモアが46位からの驚異的な追い上げで歴史的な優勝を果たし、マン島TTではマルコム・アップヒルといったレジェンドや、ブルース・アンスティ、ピーター・ヒックマン、ゲーリー・ジョンソンといったワールドクラスのレーサーが大活躍。皆、トライアンフを駆り、勝利を手にしてきました。

トライアンフは1908年、ジャック・マーシャルがマン島TTレースで初優勝したのを皮切りに、1960年代にはAMAで圧倒的な強さを誇り、現在はMoto2TM世界選手権の独占エンジンサプライヤーとして記録更新に大きく貢献しています。トライアンフには、ありとあらゆるモータースポーツに参戦し、勝利を収めてきた歴史があります。

 

エンジンの出力アップをはじめ、信頼性、優れた出力特性、燃費の向上、さらには定期点検の間隔を長くするなど、オーナーの皆様により良いパフォーマンスを体験していただくため、トライアンフはモータースポーツの競争から生まれた進化と革新を車両開発に活かしています。





Nixon and Hickman
Jack Marshall, Gary Nixon riding the AMA and Sam Lowe in the Moto2

 

 

遙かなる地平の彼方へ

1956年9月のある朝、ジョニー・アレンは米国ユタ州にあるボンネビル・ソルトフラッツに立っていました。テキサス生まれの名レーサーである彼が乗り込んだのは、ミサイルのような形をした二輪車のコクピット。流線型の車体の先端にはテキサス州旗と同じく星がひとつ描かれ、車体側面にはトライアンフのバッジがあしらわれていました。葉巻のようにも見えるその二輪車は塩の平原を時速214.7マイルで疾走し、当時の陸上最速記録を樹立。その偉業を記念して誕生したのが不朽の名車「ボンネビル」です。トライアンフはその後、陸上最速記録を3度塗り替えました。

ソルトフラッツでの偉業から17年後、英国の旅行作家テッド・サイモンは、500ccのトライアンフタイガーに乗り、世界一周旅行に出発しました。彼は4年かけて6万4千マイルを走破し、その様子を記した著書『ジュピターズ・トラベル』を発表。世界中のライダーが彼に憧れ、壮大なアドベンチャーライディングへと旅立ちました。

 

 

バイクで世界一周を果たし、ギネス記録を樹立したテッド・サイモンやリス・ローリー、現代のワールドトラベラーからも、世代を超えて愛され続けるトライアンフ Tiger。遙かなる地平を目指し、最高の旅を叶えてくれる唯一無二の相棒です。

Ted Simon and Rhys Lawrey

 

 

 

Step

一緒にお祝いしましょう

以下にサインアップして、2022年に予定されているエキサイティングな活動の詳細をチェックし、モーターサイクルの純粋な精神を一緒にお祝いしましょう。

規約・条件

トライアンフは個人情報保護に関する責務に真摯に取り組みます。トライアンフはお客様の個人情報をいかなるときも適正に取り扱います。