12/12/2019

    トライアンフモーターサイクルズとジェームズ・ボンド 「007シリーズ」第25作目で新たなパートナーシップを締結

    007NTTD

    トライアンフモーターサイクルズがジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目 「No Time To Die」とEON Productionsとの新たなパートナーシップを締結したことを発表します。

    トライアンフのデザインワークショップチームと撮影スタントチームが協業し、劇中のエクストリームなアクションシーンのために新型Tiger 900(日本発売未定)とScrambler 1200を製作しました。

    3 NTTD Tiger 900

    劇中で使用された新型Tiger 900

    4 NTTD Scrambler 1200 XE

    劇中で使用されたScrambler1200XE

    トライアンフCEOのニック・ブロアは、次のように述べています。

    “トライアンフでは、最新のジェームズ・ボンドフィルム「No Time To Die」においてパートナーシップを結ぶことができ大変喜ばしく思っております。トライアンフモーターサイクルズは、幸運にもこれまでに大ヒット映画で起用されることが多く、弊社のモーターサイクルは十分にアクションに対応が可能なので上映が楽しみです。特に多くの期待が寄せられる新型Tiger 900のアクションシーンが楽しみです。

     

    ジェームズボンドのスタントコーディネーターのリー・モリソンは次のように述べています。

    “トライアンフは、新型Tiger 900のプロトタイプを早い段階で提供していただいたので、新型Tiger 900の公式発表の前に主要3つのロケーションで撮影することができました。岩かどのごつごつした場所や沼地の泥の中、高速走行、ビッグジャンプから様々な斜面での昇り降りと考えられるあらゆるシーンを撮影しました。そのような状況の中、新型Tiger 900は、特にメカニカルの問題もなく難なく撮影をこなし、オンロードでもオフロードでも走行できることを証明した。

    1 Lee Morrison NTTD Behind the Scenes Matera wCopyright

    ジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目「No Time To Die」は、2020年4月に全国公開が予定されています。

    Official James Bond チャネル

     

    EON Productions について

    EON ProductionsとDanjaqは、ブロッコリ氏とウィルソン氏がオーナーであり、Danjaqはアメリカに本拠を置き、Metro Goldwyn Mayer Studiosと共同でジェームズ・ボンドの既存映画と映画化の権利を保有している。

    EON Productionsは、イギリスのロンドンに本拠を置き、1962年からジェームズ・ボンド映画を制作。世界中のマーチャンダイジングを管理している。007シリーズ 第25作目「No Time To Die」は、現在ポストプロダクションに入っている。詳しくは、オフィシャルウェブサイトをご覧くださいwww.007.com

    Scrambler 1200 製品ページはこちら

     

    関連するアイテム

    23/12/2020

    リコール発表のお知らせ

    トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

    もっと詳しく
    25/11/2020

    『オールラインアップフェア』開催のご案内 ~アクセサリー50%割引キャンペーン等お得なプランが満載~

    トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、2020年12月5日(土)~12月27日(日)まで、全国トライアンフ正規販売店にて特別企画といたしまして、対象モデルの新車をご成約、ご登録いただいた方を対象に『オールラインアップフェア』を開催します。

    もっと詳しく
    17/11/2020

    新型TIGER 850 SPORT発表 ロードにフォーカスした多用途アドベンチャーバイク

    新型Tiger 850 Sport専用の3気筒エンジン、テイラーメイドのハイスペック装備と テクノロジーを組み合わせ、これまでにない扱いやすさと乗りやすさを実現。 最新世代のTigerプラットフォームから開発され、Tigerでおなじみのダイナミックな佇まいと俊敏な ハンドリングを持ち合わせています。新しい「テイラーメイド」のパフォーマンスとスペックを組み合わせることで、 扱いやすく、ロードにフォーカスし、どのような走りにも応えるアドベンチャーバイクとしてデザインされました。

    もっと詳しく