09/02/2017

    ボンネビルボバー・デビューフェア

    トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、2月18日より全国のトライアンフ正規販売店にて『ボンネビルボバー・デビューフェア』を開催いたします。

    1940年代に発生した正統な「Triumph ボバーカスタムスタイル」の血統を引き継ぐプレミアムカスタム New Bonneville Bobber。その見事に余計なものをそぎ落としたミニマルで象徴的なスタイリング、力強く迫力のあるロー&ロングの造形、そしてディテールの設計へのこだわり溢れる真のボバー精神を見事に表現しているボンネビルボバーを全国のトライアンフ正規販売店でご覧ください。

    どこにもない、だれも真似することのできない、プレミアムでクールなボバースタイルを、見て、感じて、そして体感してください!皆様のご来場をお待ちしております。

    【開催日】
    2月18日(土)~

    【ご来場プレゼント】
    フェアー期間中にご来店、アンケートにお答えいただいた方には「オリジナル ボバーバンダナ」(52cm角です。写真をご参照ください)をプレゼントいたします。
    ※プレゼントは数に限りがあります。

    【Bonnevilleファミリーに新たに加わる新型プレミアムカスタム Bonneville Bobber】
    トライアンフ ボンネビルボバーの製品情報はこちら

    ワイルドで美しい新型 Bonneville Bobber は真のファクトリーカスタムです。ミニマルなスタイリング思想、マッスルなスタンス、真の Bobberらしさをめざした設計が完璧にパッケージングされています。

    Bonneville T120 のピュアなエッセンスだけを残した、本格的なリアルボバー。クリーンなライン、低いスタンス、シングルシート、ワイドフラットハンドルバー、ミニマルな車体とヘッドライト、造形されたタンク、ワイヤースポークホイール、ワイドリアホイール、そして極め付けのハードなテールビュー。

    クリーンなラインを邪魔しないように、電子コンポーネントは全部隠れています。ライダー重視のテクノロジーと、キャタライザーを見えないようにレイアウトしたエクゾーストシステムにより、このバイクのすばらしいシルエットを壊すことなく、きれいに保っています

    Bobber の心臓部に積まれたカテゴリー最高の高トルク型 Bonneville 1200cc エンジンは、Bobber 専用にチューンされ、低回転域でのトルクとパワーをさらに補強、スラッシュカットのツインピーシューターサイレンサー、独特のツインエアボックスとフィルターが、ライダーを本格的な Bonneville ホットロッドサウンドで包みます。

    【クラス初のアジャスタブルなライディングポジション】
    Bonneville Bobber はクラス初のアジャスタブルライディングポジションを導入。ライダーの体型やライディングスタイルにぴったり合わせることができます。

    【100種類を超えるアクセサリー】
    Bonneville Bobber はカスタマイズすることを想定してデザインされています。Vance & Hines サイレンサー、「エイプハンガー」ハイバー、ヘッドライトベゼル、クリップオンハンドルバー、短いフロントマッドガード、LED ウィンカーなど 100種類を超えるアクセサリーでよりマッスルでスタイリッシュに、自分だけの一台に仕上げてください。

    ボンネビルボバーアクセサリーページはこちら

    【お問い合わせ】
    詳細はお近くのトライアンフ正規販売店にお問い合わせください。
    トライアンフ正規販売店の検索はこちら

    関連するアイテム

    18/08/2018

    SpeedmasterとBobberを対象に「0%特別無金利ローン」キャンペーン開催

    「0%特別無金利ローン」キャンペーン実施中 2018年8月19日(日)~9月30日(日)まで、人気モデルのスピードマスターとボバーを対象に「0%特別無金利ローン」キャンペーンを全国のトライアンフ正規販売店にて実施します。

    もっと詳しく
    15/08/2018

    ストリートトリプル RS 2019 年モデルの新色「マットジェットブラック」導入

    2017年の発売以来、人気を博しているトリートトリプル RS の2019年モ デルに新色「マットジェットブラック」を導入したことを発表します。

    もっと詳しく
    07/08/2018

    リコール <外-2703> 発表のお知らせ

    トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、セーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をいたしました。

    もっと詳しく