13/08/2013

    トライアンフのフラッグシップ<スーパーツアラー> トロフィーの上位機種「トロフィーSE」が発売開始!

    現在発売中のトロフィーの上位機種である 「トロフィーSE」 を9月1日よりラインナップに追加し発売を開始いたします。
    このトロフィーSEは、大排気量(1215cc)のツーリングモデルであり、先行発売された トロフィーの技術・装備にくわえ、ロングツーリングを快適に行うためのさまざまな装備が追加されています。

    ==========================
    トロフィーSE ( TROPHY SE )
    ==========================
    標準希望小売価格
    2,361,900円 (税別) 2,479,995円 (税込)
    *登録諸費用、税金(消費税除く)は含まれておりません。

    ・車体色
    パシフィックブルー、ルナシルバー

    ・発売開始日
    9月1日(日)

    ==========================
    トロフィーの装備と特徴
    ==========================
    ・ライド・バイ・ワイヤー、トラクションコントロール、クルーズコントロール、電動調節スクリーン、前後輪連結式ABS、タイヤ空気圧モニタリングシステムを採用している、技術的に最も進歩したトライアンフモデル。

    ・パワフルであるうえに洗練されている、排気量1215ccの3気筒エンジンは、最大出力134PSを誇るとともに、最大トルク120Nm/6,450rpmを発生。

    ・パワーの伝達には、事実上メンテナンスフリーの強靭なシャフトドライブシステムを採用。

    ・優れた乗り心地がダイナミックなハンドリング性能をサポート。

    ・トライアンフダイナミック・ラゲッジ・システムは、実用的な積載性の確保と走行時の安定性を両立。

    ・メンテナンス間隔が長いうえに、走行距離無制限の2年保証が付属。

    トライアンフ・モーターサイクルズは、シャフトドライブシステムを採用した、新たな大排気量ツーリングモデル「トロフィー」を市場に投入します。まったく新しいこのトロフィーは、多くの注目すべきテクノロジーを採用していますが、これはトライアンプが、デザイン、テクノロジー、エンジニアリングに対して継続的な投資を行っていることの証しです。

    ライド・バイ・ワイヤーテクノロジーの採用によって、トラクションコントロールとクルーズコントロールの機能がもたらされただけでなく、エンジンの効率性と燃費性能も最適化されました。

    トロフィーの心臓部にマウントされるのは、タイガーエクスプローラー用に開発された、トライアンフトリプルテクノロジーエンジンです。1215ccの排気量を誇るこの3気筒エンジンは、134PS/8900rpmの最大出力と120Nm/6450rpmの最大トルクを発生することから、どんなときでもスムーズで余裕のある走りが味わえます。 エンジンは十分に洗練されていて、バランスシャフトを逆回転させることでクランクシャフトの振動を打ち消しています。

    トーションダンパーシステムを用いている点も特徴で、トランスミッションからシャフトドライブへの動力伝達は、スプラングベベルギアを介して行われます。さらに、“メタラスティック”シャフトドライブが、シャフトアセンブリに衝撃吸収性能をもたらしています。これらの特徴が融合することで洗練されたドライブトレーンが完成し、パワーの伝達はスムーズに行われるだけでなく制御も可能になりました。

    ロングングツーリングの場合でもライダーが比類のない快適性を享受できるよう、シャシーに対しては広範なテストと開発プログラムを通じてチューニングが施されました。また、多彩なシートポジションとフロント/リアのシートヒーター機能も、ライダーおよび後席乗員の快適性を、かつてないほどに高めています。ライダーのシート高は800mmから820mmの範囲で調整が可能です。

    天候や風の悪影響をできるだけ避けられるよう、エアロダイナミクスに配慮して開発されたフェアリングが備わっています。さらに、高さを16.4cm高くできる電動調節式のスクリーンも装備。このスクリーンはメモリー機能を備えていることから、エンジンを再始動させた際には自動的に最新の設定位置が適用されます。

    このほかにも、ヘッドライトのポジション調節機能、センタースタンド、12Vの電源ソケットを備えたロック式ストレージボックス、26リッター燃料タンク、トライアンフ独自のダイナミック・ラゲッジ・システム(TDLS)などが全て標準で備わっています。

    トライアンフダイナミック・ラゲッジ・システムは、シャシーのバランスを維持することに役立っています。これは、パニアをシャシーから切り離したことによって、それぞれのパニアを5度動かすことができるようになったためです。これによって走りの安定性と精度が最適化されました。標準装備のツインパニアは片側の容積が31リッターですが、オプションのトップボックスを利用すれば収納力をアップさせることが可能です。

    トップボックスは容量が55リッターで、 “プラグアンドプレイ”方式の電源機能を備えています。“プラグアンドプレイ”方式であることから、配線を気にすることなく簡単に着脱を行うことができます。内側に設けられた12Vソケットを利用すれば、移動中にカメラや電話のほか、さまざまな電子機器を充電することが可能です。

    ==========================
    トロフィーSEだけの装備と特徴
    ==========================
    ・WHITE POWER製 電子制御サスペンション (ダンピング、及び加重を3段階に調整可能)

    ・一体型オーティオシステム(Bluetooth機能搭載)

    ・コクピット収納コンパートメント内USBソケット

    ・同乗者用12Vソケット

    モデルレンジの中で最高位に位置するトロフィーSEは、すでに装備が充実しているトロフィーに追加装備を施した1台です。

    トロフィーSEにはWP製の調節可能な電子制御サスペンションが追加されていますが、このサスペンションは、エルゴノミクスに配慮したスイッチキューブで操作します。ソロ、ソロ+ラゲッジ、タンデムといったバイクへの荷重を考慮に入れて、スポーツ、ノーマル、コンフォートの中からダンパーの設定を選択すると、選択した設定がドットマトリクス式のLCDディスプレイに表示されます。ボタン操作ひとつで設定を変えられるため、操作性と機能性に優れています。

    このSEにもタイヤ空気圧モニタリングシステムが備わるため、ライダーの安全性はいちだんと高まります。
    パワフルな一体型のオーディオシステムを備えている点も大きな特徴です。システムには、Bluetooth機能、USB端子、iPod / MP3プレーヤー接続機能が備わっています。また、一体型の12V電源が備わっているため、その他のアクセサリーを追加することも可能です。

    ==========================================
    トロフィー ツーリングパッケージ キャンペーン
    ==========================================
    9月30日(月)までに トロフィー (SE除く) を成約及び登録された場合、NAVI付き「ツーリングパッケージ」アクセサリー (税込希望小売価格20万円相当) をプレゼント!

    ==============================================================
    トロフィー & トロフィーSE ライダーファイナンス1.9%低金利キャンペーン
    ==============================================================
    トロフィー&トロフィーSEに対して期間限定の特別低金利ローンをご提供いたします。

    関連するアイテム

    21/06/2018

    2019年モデル新色導入のご案内

    2019年モデルイヤーよりロードスター、クラシックシリーズに新色が追加されましたことをご案内いたします。

    もっと詳しく
    24/05/2018

    NEW スピードトリプルRSデビューフェア開催

    6月9日(土)より 7月1日(日)まで 全国トライアンフ正規販売店にて『ニュースピードトリプルRSデビューフェア』を実施します。

    もっと詳しく