当社の歴史

TRIUMPHが誇る精度、技術、エンジニアリング

Triumph Motorcycles Hand Painted Coach Lines

 

Triumphのバイクとアクセサリーはすべて専属チームがアイデアを出し、設計、試作、開発、試験を行います。新型車誕生までの設計開発には主に6つの段階が存在し、イメージのスケッチから最終的な組立まで、一台一台の全部品に精巧なエンジニアリングを施し、理想的なマシンを目指します。

ここでご紹介するプロセスに従うことが、最高水準の精度、技術、エンジニアリングの実現につながります。 Triumphのマシンが誕生するまでには、何千という時間が費やされています。

 

 

deconstructed bike parts on a white background

01 プレ・コンセプト

新しいTriumphを形にする前にまず、理想のバイクに何を求めるのか、世界中のライダーの意見を集めます。 エンジニアリングとテクノロジーにおける最新のイノベーションを検討し、当社のプロダクトチームが知識と経験を駆使して初期段階のコンセプトとスペックを決定します。

検討事項


プロダクトデザインはTriumphの得意分野です。当社の人気モデルに脈々と受け継がれてきたDNAを活かすと同時に、最新のテクノロジーとエンジニアリングを取り込んで進化を遂げることも必要です。 加えて、Triumphのお得意様にも初めてのお客様にも等しく喜んで頂くには、どのような方法で新モデルを導入すべきかも検討しなければなりません。

02 コンセプト・デザイン

新モデルのコンセプトが明確化したら、豊富な専門知識と経験を持つエンジニアリングチームが本格的に始動します。 まずはCADで、エンジン、シャシー、電子システムなどを含めた設計図を作成します。1回目のスタイリング図面とクレイモデルも製作します。 エンジンとギアボックスについては、出力とトルクの予測値などを含め、コンピューターで性能をシミュレーションし、エンジンのプロトタイプを試験します。この段階でも引き続き、お客様の意見を参考にします。お客様の意見は、製品開発の拠り所です。

Line Sketch of the Triumph Bonnerville Bobber

スタイリング・ビジュアル

手描きのスケッチでコンセプトモデルのテーマ、プロポーション、フィーリングを明確化します。コンセプト・デザインの段階中、デザインチームは常に図面に手を加え、全体的なスタイルと個々のコンポーネントのデザインを確定することで、バイクのポテンシャルを最大限に引き出すことを目指します。

Triumph Bonneville Bobber Concept Design Sketch
Triumph Bonneville Bobber Clay Model

03 スキーム・デザイン

スキーム・デザインでは、従来のスペックとスタイリングの方向性を活かし、新たなバイクの基本設計を固めます。 初期段階のスケッチとクレイモデルをベースにフルサイズの模型を製作します。この段階で製作される模型は、完成モデルそっくりの精度を誇ります。 それと並行し、各コンポーネントについても、CAD図面から3D模型を製作します。

コンポーネント・スペック


スキーム・デザインにおけるエンジニアリングチームの最重要課題のひとつが、各コンポーネントと各システムのスペック決定です。事前に承認された技術情報をまとめあげるという極めて重要な業務となります。

04 ディテール・デザイン

工具やコンポーネントを製作するためのCAD図面等を作成します。この段階で、エンジニアリングとデザインの詳細が正確に文書化されます。 また、車両とそれに付随するアクセサリーもコンセプトから実際の形になり、製造準備に入ります。

シミュレーション

シミュレーションとは、バイクの複雑なシステムや製造工程を数学的にモデリングするプロセスで、実際にコンポーネントを製作したり試験したりすることなく、システム性能の予測や最適化を行います。

Abstract image to show the design and simulation process for designing and constructing Triumph Motorcycles

05 試験・改善

当社が製造するバイクに対しては、開発の各段階で数百に及ぶ試験を実施し、検証を重ねていきます。それぞれの試験で、コンポーネントの機能、耐久性、信頼性を評価します。エンジンチューン開発、エンジンリグ試験、シャシーのハンドリングとサスペンションのセットアップ、乗り心地とエルゴノミクスの向上、走行距離、高速耐久性、舗装路・オフロード試験(該当モデルのみ)、トラクションコントロールとABSの最適化などを行います。

量産検証

設計開発の最終段階では、60台ほどを少量生産し、コンポーネントの設計や製造工程に問題がないか検証します。通常の新型車の場合、少量生産した一台一台に対して55種類以上の車両試験を実施します。開発段階が終了するまで、こうした試験を繰り返します。


06 量産

プレ・コンセプトから量産まで2~3年かかることも珍しくありません。 設計、エンジニアリングを経て、試験を繰り返し、数千時間を費やして厳しい条件を満たし、ようやく承認が下り、量産体制に入ります。

精度と技術とエンジニアリング

Triumphが目指すのは、革新的技術、スタイリング、エルゴノミクス、ハンドリングなど、どんな項目であろうと、今この時代に求められている最高のバイクを作ることです。 ひとつの新型車がラインオフを迎える頃には、すでに次の新型車の設計開発が始まり 、2~3年後には新世代のTriumphが発表されます。

 

Triumph motorcycle factory line engines