当社の歴史

アドベンチャー

スピリット・オブ・ディスカバリー

 

 

辿り着くんだ、その先へ。

Triumphのライダーひとりひとりの心に灯る炎、スピリット・オブ・ディスカバリー。壮大な冒険の旅と次のコーナーの先に待ち構えるスリルは忘れられない光景となり、心に深く刻まれることでしょう。 

目の前に広がる道を1キロでも先に進もうとする思いが、老若男女のライダーを日々突き動かします。 

 

偉大な探検家が追い求めるもの。それは、誰も足を踏み入れたことのない遙かなる地を目指し、最初の一歩を刻む喜び。もっと高く、もっと遠く、もっと奥深くへと、未開の地を突き進み、野望を果たす人。それがパイオニアです。

鋲を打ったタイヤで雪と氷に食らいつき、切り立った崖の脇をすり抜け、道を覆い隠す土砂の上を駆け抜けることもあるでしょう。困難であればあるほど、心は奮い立ちます。

 

 

 

1973年、500ccのTriumph Tiger 100に跨がり、バイクで初めて世界一周を達成したテッド・サイモン。その壮大な冒険旅行に幾千ものライダーがあこがれ、彼を手本としてきました。4年もの歳月をかけ、45ヶ国を訪問した彼の走行距離は103,000kmという途方もないものでした。彼の著書『ジュピターズ・トラベル』は今も冒険好きのバイカーらの必読書とされています。

Image Source: http://jupiterstravellers.org

http://jupiterstravellers.org - *HAVE CONTACTED JUPITER'S TRAVELLERS/TED SIMON FOUNDATION FOR APPROVAL TO USE IMAGE

冒険の父

テッドの相棒TIGER

ユタ州ボンネビルでの最速記録といえばBonnevilleという名車を思い浮かべるのと同様に、テッド・サイモンの愛車であったTigerも記憶に残る一台となりました。彼の功績で広くその名を知られるようになったTigerのDNAは80年以上に渡って受け継がれ、現在のハイスペックでライダーフレンドリーなマシンへと進化。その歴史はTriumphを象徴するモデルBonnevilleよりも古く、語り尽くせないほど長い冒険ストーリーを育んできました。テッド・サイモンの愛車「トランスワールド・トランペット」は、おそらく現存するアドベンチャーバイクの中で最も有名なマシンでしょう。独特のパニアケースに描かれた地図には、彼の辿ったルートが今もくっきりと記されています。

Image Source: http://jupiterstravellers.org

Ted Simon on Triumph Tiger 100 1973

パン・アフリカ・ラリー

Triumphは今日も冒険と探求の旅を続けています。Tiger Tramontanaはいにしえの血統を次世代へと引き継ぐべく、最上位モデルとなる新型Tiger 800 XCAの試作車として製作されました。2017年には、この試作車でパン・アフリカ・ラリーという過酷なレースに初挑戦し、激戦のマキシクラスで見事2位となり、Tigerによるラリ-参戦の足固めに成功しました。

Tramontanaに搭載されたのは、Tiger 800 XCA向けに開発された新世代3気筒エンジン。Triumphのテストライダーでもあるフェリペ・ロペスとデイヴィット・ロペスの兄弟がそのマシンに跨がり、モロッコの砂漠を先頭を切って疾走しました。伝統のダカールラリーへの参加者も出場する同大会で、Tigerとそのライダーは初の表彰台に上り、そのトップクラスのオフロード性能を改めて証明したのです。



リス・ローリー

2014年、失業中だったリス・ローリーは何かにチャレンジしたいと思いを巡らせていました。そこで、22歳の彼は愛車のTiger 800 XCに跳び乗り、14ヶ月かけて71ヶ国、90,000 kmを走破する冒険へと旅立ったのです。

ロンドンのエースカフェを出発した彼は、ヨーロッパ大陸を横断してアジアに入り、オーストラリアへと南下し、アメリカ大陸に向かいました。外見も中身も少しだけ成長して帰国したローリー。気づけば、バイクでの世界一周最年少記録と首都最多連続訪問という2つの記録を樹立していました。

砂漠、山脈、ジャングルを突き進みつつ、2度の誕生日を迎えるという過酷な旅でしたが、Tigerが必要としたのは標準的なメンテナンスだけだったそうです。

 

Image Source: Rhys Lawery

Rhys Lawrey 2moro rider
Portrait standing next to statue of hand

リー・リーク

2016年5月、リー・リークは地元のスーパーマーケットでポーク缶を選ぶ生活にうんざりしている自分にふと気づきました。数週間後、仕事をやめた彼女は、「クレオ」と名付けた愛車Tiger 800 XCAで世界旅行へと出発したのです。

陸路でドイツからロシア、中国、南アジアへ、その後オーストラリアに入り、南米からアメリカ、カナダへと駆け抜けた旅。ドイツに戻ったのは2017年終わり頃でした。西への旅を通して様々な経験を積んだ彼女は、自分が以前より柔軟な人間になっていることに驚いたそうです。

Image Source: Lea Rieck

Lea Rieck Riding in mountains

新鮮な目で世界を見つめ、西ヨーロッパ各地の首都を経由して戻った旅の最後に気づいたことがもうひとつあったと彼女は言います。「実際に何千マイルも旅しなくても、冒険はできるってことに気づいたわ」

Image Source: Lea Rieck

TRIUMPHアドベンチャーシリーズを知る

毎日が最高のアドベンチャー

さらに詳しく