13/04/2021

    2021 新型SCRAMBLER 1200 XC/XE と SCRAMBLER 1200 STEVE MCQUEEN EDITION発表

    カテゴリーをリードする仕様とスタイル、驚異的なトルクと特徴的なサウンドを持ち合わせ、2021年にアップデートされた最新モデルScrambler 1200 XCおよびXEの誕生です。世界にその名を轟かせるスリリングなパフォーマンス、高出力、トルクを維持しながらも、低排出量を実現。

    トライアンフ正規販売店にて2021年7月発売予定。Scrambler 1200 XCのメーカー希望小売価格は1,921,900円~、Scrambler 1200 XEのメーカー希望小売価格は2,056,400円~となります。

    STEVE MCQUEEN

    2021年モデルのScramblerには、歴史上最も有名な映画スター、スタント、モーターサイクルを讃える、美しくユニークなリミテッドエディション、Scrambler 1200 Steve McQueen Editionも新登場。トライアンフ正規販売店にて20216月発売予定。メーカー希望小売価格は2,196,400円となります。

     

    スリリングなパフォーマンス 

    • 排出ガスの少ないEuro5適合新型エンジンのアップデート

       

    • 熱分散が改良されたEuro5適合新型エキゾーストシステムのアップデート
    • 特別なScramblerチューンを放つハイパワー型の1200cc Bonnevilleツインエンジン
    • 110Nm/4,500rpm(低回転域)および90PS/7,250rpm

      デュアルパーパスクラシックとアドベンチャークロスオーバー

       

      カテゴリーをリードする仕様と最先端のテクノロジー

    • Öhlins製ロングトラベルフルアジャスタブルリアサスペンションおよびShowa製ロングトラベルフォーク
    • BremboM50モノブロックラジアルマウントツインキャリパー
    • ロングトラベルのアルミ製スイングアーム
    • フルカラーTFTディスプレイ(バックライト付きスイッチ搭載)
    • Off-Road ProXE)を含む最大で6つのライディングモード
    • 最適化されたコーナリングABSとコーナリングトラクションコントロール(XE
    • DRLヘッドライト付きオールLED照明(市場により異なる)
    • キーレスイグニッション、シングルボタンクルーズコントロール、USB充電ソケット

      SCRAMBLER2

      21世紀のScrambler - スタイルとプレミアムのディテールを定義する

    • スカルプテッドベンチシートと特徴的なハイレベルツインエキゾーストを備えたアイコニックなシルエット
    • 美しく設計されたサイドレースチューブレスホイール
    • ブラシ仕上げアルミニウム製Monza型キャップ付きのシームレスなフューエルタンク
    • ダカールに触発された新型フライスクリーンなど、70種類以上のアクセサリー

      SCRAMBLER4

      NEW Scrambler 1200 Steve McQueen Edition

    • 個別にシリアルナンバーが付与されたリミテッドエディション、世界1,000台限定販売
    • タンクとハンドルバークランプにあしらわれた特別なSteve McQueenのブランド ロゴ
    • 唯一無二のCompetition Greenカスタムペイントスキーム
    • プレミアムなScramblerアクセサリーを標準装備した新しくハイグレードな仕様
    • トライアンフCEONick BloorChad McQueenの署名が入った証明書付き
    • 幅広で調整可能なハンドルバーによる地の利を得るライディングポジション
    • 優れたライダーコンフォート
    • スクランブルレースにも対応する21”フロントホイール

    scrambler5

     

    2018年に最初に発売されたTriumph Scrambler 1200は、急速に現代のトライアンフにおけるアイコンとなり、オンロードとオフロードの両方でクラスをリードするライディング性能、最先端のテクノロジー、卓越した仕様、豊富なカスタマイズオプションによりそのカテゴリーに新しいベンチマークを打ち立てました。

     

    Bud EkinsSteve McQueenといった伝説的なレーサーが、走る喜びと栄光を求めてレースで愛用した世界初の量産型Scrambler。その比類のないTriumph Scramblerの血統から誕生したこの新世代モデルは、Mexican 1000やスペインのBassellaレースなど、複数の極端なオフロードレースに登場し、クラスをリードする性能を繰り返し発揮しています。

    新世代モデルがすでに収めている成功のハイライトとして、映画「007」シリーズ最新作にして記念すべき第25作目にあたる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で取り上げられ、ジェームズ・ボンドスタントコーディネーターのLee Morrisonからは“スタントチームの誰もが、素晴らしいバイクであることにすぐに気づいた”と高い評価を受けています。


    Scrambler 1200が持つクラスーリードするすべての機能。
    2021
    年モデルのScrambler 1200 XEおよびXCは、市場で最も高性能でユニークなモーターサイクルの最新世代であり、トライアンフがこれまでに製造してきたモデルのなかで最も高仕様なモデルの1つでもあります。トライアンフモダンクラシックの象徴的なスタイルとキャラクターに、純粋なアドベンチャーの性能と仕様を組み合わせた、2つのモーターサイクルの世界を体現するクロスオーバー。本物であり、クラスの頂点に君臨します。

    scrambler9


    2021年モデルのアップデート

    Triumphの象徴的なモダンクラシックラインナップとともに2021年モデルでアップデートされた、新型Scrambler 1200 XCおよびXEは、その名を世界に轟かせたScramblerのパワーとトルクをすべて維持しつつ、排出量を削減する、進化したEuro5適合エンジンを搭載しています。さらに、新世代モデルのアップデートでは、エキゾーストシステムも改良されており、熱分散の向上も実現されています。


    主な仕様について
    スリリングなパフォーマンス

    このScrambler 1200は、トライアンフが誇る1200ccハイパワー型ブリティッシュツインエンジンの最新型が搭載されています。2021年モデルにおける新機能、エンジンのアップデートにより、排出量が少なくなり、Euro5の基準に適合しています。低慣性クランクと高圧縮シリンダーヘッドに加えて、オンロードとオフロードの両方のライディングでパワーとトルクのバランスを完璧に保つために特別に開発された専用のスクランブラーチューンにより、低回転域から回転域全体にわたって驚異的なトルクが得られます。

    最大トルクはわずか4,500rpm110Nmに達し、90PSの最高出力は7,250rpmで発揮します。1200ccの並列二気筒8バルブエンジンによって生成される独特のスクランブラーサウンドは、Euro5への基準適合のために更新されたハイレベルツインエキゾーストシステムから放たれ、熱分散が改善されるという利点が追加されました。


    scrambler10

    カテゴリーを支配する仕様と性能

    2021年モデルのScrambler 1200は、カテゴリーをリードする仕様と装備を備えています。 このモーターサイクルに極めてユニークなクロスオーバークラシックとアドベンチャーの性能を提供します。

    クラスをリードするロングトラベルサスペンションは、驚異的なオフロード性能と最低地上高を実現し、フロントおよびリアの250mmのホイールトラベルは、最も過酷な地形を走破するよう設計されていますが、オンロードでは最高に快適なライディングエクスペリエンスを提供します。Öhlins製ツインスプリングリアショックと高仕様のShowa製倒立式フロントフォークは、プリロード、コンプレッション、リバウンドダンピングを完全に調整可能で、市街地から岩だらけのオフロードトラックまで、幅広い路面で優れた快適性とコントロールを提供します。

    カテゴリーをリードするフロントのBremboM50モノブロックラジアルマウントキャリパーと320mm径ツインフローティングディスク、リアのBrembo製キャリパーとシングルディスクによって優れた制動力が保証されます。  卓越した制動力は、両モデルに標準装備されているABSによって制御されます。

    Scrambler 1200の多用途性を高めるアルミリムとサイドレースデザインを採用したハイスペックワイヤースポークホイールが標準装備され、チューブレスタイヤの使用を可能にします。デュアルパーパスアドベンチャーに焦点を当てたMetzelerTouranceタイヤが標準装備されていますが、より極端なオフロードでの使用には、承認された代替オプションとしてPirelliScorpion Rallyタイヤが推奨されます。

    21”フロントホイールは、Scrambler 1200の驚異的なオフロード性能と優れたライディングポジションに貢献し、オンロードとオフロード時の両方で前方の視界を向上させます。これは、XEモデルの幅広で調整可能なハンドルバーポジションと調整可能な折りたたみ式フットコントロールと相まって、Scrambler1200に威厳のある佇まいとスタンスをもたらします。

     

    クラスをリードするテクノロジー

    最先端のテクノロジーとライダーエイド機能が満載の新型Scrambler 1200 XCXEは、真のベンチマークを打ち立てました。どちらのモデルも、2つの異なるデザインテーマを提供するフルカラーTFTディスプレイを搭載しており、それぞれに3つのディスプレイレイアウトオプションがあり、ライダーは好みに応じて表示される情報の量を変更できます。TFTディスプレイの起動シーケンスは、ライダーの名前でパーソナライズすることもできます。この多機能TFTディスプレイは、直感的で簡単にアクセスできる、ハンドルバーに取り付けられた5方向ジョイスティックやその他のスイッチを介して制御されます。これらはすべてバックライト付きで、暗闇でも簡単に操作できます。高コントラストと低コントラストのディスプレイにより、TFTディスプレイはすべての照明条件で読み取り可能であり、画面角度は調整可能であるため、あらゆるライダーの身長に適合します。

     

    新型Scrambler 1200も、アクセサリーとして搭載可能なMyTriumphコネクティビティシステム用に事前に有効化されています。  これにより、ライダーは直感的なハンドルバーコントロールとTFTインターフェースを介して、電話へのアクセス、音楽の操作、ターンバイターンナビゲーションの使用、Go-Proの操作を行うことができます。

     

    トライアンフの最新世代のライドバイワイヤーは、常に応答性が高く正確なスロットル制御を保証し、RoadRainSportOff-RoadOff-Road ProXEでのみ利用可能)、Rider-Configurable6つのライディングモードを可能にします。走行中に選択できるライディングモード(Off-RoadOff-Road Proモードを除く)は、スロットルレスポンス、トラクションコントロール、ABS設定を調整して、すべてのライディング条件で安全性と最適なパフォーマンスを向上させます。

     

    Scrambler 1200 XEは、最適化されたコーナリングABSと最適化されたコーナリングトラクションコントロールも備えており、どちらも介入レベルを自動的に調整して、あらゆる傾斜角度で最適な乗り心地を維持します。これらの機能は、慣性測定ユニットによって管理されます。慣性測定ユニットは、バイクのロール、ピッチ、ヨー、加速度を測定して、傾斜角を算出し、それに応じてブレーキとトラクションコントロールを最適化して、ライダーの安定性を高めます。

     

    Scrambler 1200には、エネルギー消費量の削減、耐久性の向上、視認性の向上におけるメリットがあり、フロントとリアにLEDライト、およびLEDインジケーター(市場により異なる)を搭載しています。ヘッドライトにはLEDデイタイムランニングライトが組み込まれており、視認性が向上し、独特のフロントエンドスタイルを実現します。

     

    2021年モデルScrambler 1200の両モデルに標準装備されている、ライダーに焦点を当てた追加のハイスペックテクノロジーには、トルクアシストクラッチ、クルーズコントロール、キーレスイグニッション、シート下部のUSB充電ソケット、およびアクセサリーとして搭載可能なグリップヒーターへの接続に対応した内部配線が含まれます。グリップヒーターには3段階のモードがあり、左側グリップに組み込まれた非常に直感的なボタンからアクセスできます。 

     

    カテゴリーをリードする仕上げとディテールを備えたモダンなカスタムスタイル

    トライアンフのオリジナルScramblerから継承されたDNAと美しく精巧に作られたモダンなカスタムスタイルを組み合わせたこのモデルは、真のScramblerが持つ特徴を提供します。ハイレベルなツインエキゾーストによるアイコニックなシルエットから、圧倒的な高さと落ち着いた佇まいまで、2021年モデルの新型Scrambler 1200 XCXEは、真のScramblerを定義するスタイルを纏っています。

     

    すべてのボンネビルと同様に、エンジンは、特別な機械加工されたエンジンフィンと、クラシックなメーカーズマークの三角形のトライアンフエンジンバッジがあしらわれたブラックエンジンカバーを備えています。ブラシ仕上げアルミニウム製Monza型キャップとブラシ仕上げステンレスストラップ付きのシームレスな16Lスカルプテッドフューエルタンクなどの本格的な機能を備えた、カテゴリーをリードする高水準の仕上げとディテールも有しています。ステッチリブとTriumphブランドロゴがあしらわれたカスタムルックのベンチシートは、あらゆるタイプのライドに臨む際、最適なライディングポジションと快適性を提供しつつ、印象的なシルエットを完成させます。

     

    紛れもないスクランブラースタイルを完成させるために、Scrambler 1200には、ミニマルなアルミニウムマッドガード、ブラシ仕上げアルミニウム製のScrambler 1200バッジが付いたスカルプテッドサイドパネル、アルミニウム製バッシュプレート、ワイドなハンドルバーを特徴としています。また、Scrambler 1200 XEは、ハンドガード、Brembo MCSレバー、ゴールドフォーク、精巧なアルミニウム製ロングトラベルスイングアーム(XEモデルではよりロング)を備え、高仕様のショットブラストとアルマイト仕上げが施されています。

     

    2021年モデルの新型Scrambler 1200 XCおよびXEは、以下の3つのカラーリングで展開されます。コバルトブルー×ジェットブラックストライプ、マットカーキグリーン×ジェットブラックストライプ、またはシングルトーンのサファイアブラックオプション

    PRICE 1

    70種類以上のトライアンフ純正アクセサリー

    Scrambler 1200 XCおよびXEには、70種類を超えるトライアンフ純正アクセサリーが用意されています。これらはすべて、厳格な基準に従ってバイクと一緒に設計およびテストされており、ライダーは、スタイルと実用性の向上、快適性、ラゲッジ、保護、セキュリティの向上により、バイクをカスタマイズできます。

    アクセサリーのリストには、ダカールから着想を得た新型フライスクリーンから、耐久性があり実用的なパニアケースとタンクバッグにまで及び、すべてがより優れたツーリング機能を追加します。ハイレベルのフロントマッドガード、ハンドルバーブレース、ヘッドライトグリルに加えて、センタースタンド、フォグライト、グリップヒーターなどの実用的なオプションもあります。幅広いアクセサリーに加えて、さまざまなロックとアラームも利用可能です。


    新型 Scrambler 1200 Steve McQueen Edition

    歴史上最も有名な映画スター、スタント、モーターサイクルを讃える新型Scrambler 1200 Steve McQueen Editionは、新世代の2021年モデルScrambler 1200 XEが持つカテゴリーを支配する仕様、あらゆる地形に対応するアドベンチャーバイク性能、最先端のテクノロジーをすべて備えています。そして独自のプレミアムなSteve McQueenペイントスキームと美しく特別なディテールが車両全体に散りばめられています。プレミアムなScrambler アクセサリーのセレクションを標準装備として完備したこのリミテッドエディションは、これまでで最高の仕様を誇るScrambler 1200に仕上がっています。

    PRICE2

     

    伝説の流れを汲むモデル
    第二次世界大戦の古典的傑作1963年の「大脱走」において、伝説的な有刺鉄線ジャンプで有名になった、レース仕様のTriumph TR6オリジナルモデルに触発された、Scrambler 1200 Steve McQueen Editionは、McQueenファミリーと共同で開発されました。McQueenが映画で乗ることを選んだ、時代に即したドイツの軍用バイクで、ジャンプに使用されたTriumph TR6は、英国のトライアンフディーラーとISDTゴールドメダルリストレーサーのKen Heanesによって作成されました。荒々しいスタントパフォーマンスのために設計されたISDTサスペンションセットアップを備えていました。

    STEVE MCQUEEN

     

    特別なリミテッドエディション
    世界でわずか1,000台の限定販売となるScrambler 1200 Steve McQueen Edition。各車体には、美しいビレット加工のハンドルバークランプに個別のシリアルナンバーが刻印されており、レーザーエッチングでSteve McQueenのサインも施されています。さらに独自性を高めるため、各車両には、車体番号、トライアンフのCEOであるNick Bloorと、伝説のSteve McQueenの息子であるChad McQueenの署名が記載された固有の証明書が付属しています。

     

    唯一無二のディテールと仕上げ
    ユニークなペイントスキームは、ブラシ仕上げフォイルニーパッド、繊細なハンドペイントのゴールドライニング、ゴールドのトライアンフヘリテージロゴ、専用のSteve McQueenタンクグラフィック、ブラシ仕上げアルミニウム製モンツァ型キャップ、ブラシ仕上げステンレススチール製タンクストラップを備えたコンペティショングリーンのタンクを特徴としています。特徴的なSteve McQueen Editionには、アルミニウム製のハイレベルフロントマッドガードも標準装備され、リアマッドガードとともにコンペティショングリーンで塗装されています。

     

    標準モデルの1200 XEが持つクラスをリードする仕様に加えて、Steve McQueen Editionには、エンジンプロテクションドレッサーバーが装備されており、耐久性をより一層強化しています。ステンレスチューブから製造されたこれらの装備は、電解研磨仕上げで、クラッチとオルタネーターのカバーをさらに保護します。

     

    レーザーカットおよびプレス加工されたアルミニウムラジエーターガード(レーザーエッチングのTriumphブランドロゴ入り)も標準装備されており、エアフローを最適化しながら、飛び石からの保護を強化します。

     

    Steve McQueen Editionは、ステッチリブとTriumphブランドロゴがあしらわれたプレミアムなブラウンベンチシートも装備しています。全体的にクラシックなスタイルと優美さがさらに高められています。

     

    ムービースターとしてのスターダムに加え、Steve McQueenは、自身のTriumph Scramblerでデザートレースに参戦し名を馳せました。オンロードとオフロードの両方でクラスを定義する性能が、限定モデルを作る上でScrambler 1200 XEを完璧な基盤にしました。新型のMcQueen Editionは、2021年モデルのエンジンとエキゾーストシステムのアップデートを含み、高く評価されているXE仕様とパフォーマンスをすべて共有し、このリミテッドエディションはEuro5に準拠しています。正統なクロスオーバーモーターサイクルであるため、伝説的なScramblerの血統から受け継いだ象徴的なスタイルを備えた、純粋なアドベンチャーバイクのすべての性能を備えています。 

     

    新型Scrambler 1200 Steve McQueen editionも、アクセサリーとして搭載可能なMyTriumphコネクティビティシステム用に事前に有効化されています。これにより、ライダーは直感的なハンドルバーコントロールとTFTインターフェースを介して、電話へのアクセス、音楽の操作、ターンバイターンナビゲーションの使用、Go-Proの操作を行うことができます。



    関連するアイテム

    13/05/2021

    トライアンフとDistinguished Gentleman’s Ride 10周年を記念して5月23日にソロライドイベント開催

    粋な装いに身を包み、志をもって走り続けた10年間を祝して、Distinguished Gentleman’s Rideは、2021年5月23日(日)に開催することになりました。クラシックスタイルとビンテージスタイルの装いをまとったモーターサイクリストの集いのために、トライアンフとDistinguished Gentleman’s Rideは再び強力なタッグを組みます。このパートナーシップは今年で8年目となり、DGRは今年で10周年を迎え、第1回から2,745万米ドルの寄付金を調達することができました。

    もっと詳しく
    30/04/2021

    新型 ROCKET 3 R BLACKと 新型ROCKET 3 GT TRIPLE BLACK LIMITED EDITIONデビューフェア開催

    2021年5月8日(土)より2021年5月30日(日)まで、逞しさと力強さを纏った究極のロードスター、新型Rocket 3 R Blackと新型Rocket 3 GT Triple Blackのデビューフェアを全国トライアンフ正規販売店にて開催します。

    もっと詳しく
    13/04/2021

    トライアンフモーターサイクルズジャパン 10か月連続で月間登録台数記録を更新

     2021年3月の月間登録台数が3月度として過去最高記録であり、昨年比 135.8%となる254台を達成したことをご報告いたします。 (JAIA集計実績)  また、1月からの累計でも542台、対前年139%と高い伸長率を維持しており、昨年6月より続く月間過去最高記録を10か月連続で達成しました。

    もっと詳しく